搬入方法

搬入方法

搬入参考例
check 1.商品サイズの確認(正確なサイズ)

まずは商品(家具)のサイズです。
サイズは横幅、奥行高さが基本となります。
商品の測り方などわからない場合は以下のポイントを参照し、正確なサイズを測りましょう。
※商品欄に記載されているサイズを参考にすると良いでしょう。


ポイント
商品(家具)の横幅、奥行、高さ。
右の図を参考に各サイズを正確に測りましょう。
搬入サイズ

▲トップへ戻る

check 2.エレベーター(EV)サイズの確認

大型商品(ソファ)など分解、取り外しができない商品はエレベーター内に入らないケースも稀にあります。
マンション(2階以上)でお住まいの方はエレベーターのサイズを以下ポイントに合わせてチェックしましょう。


ポイント
扉の横幅、高さ。
エレベーター内の横幅、高さ。
エレベーターからの搬入方法

エレベーターの奥行きと高さのサイズ次第では無理なく搬入ができます。床から扉の高さまでしっかりと測りましょう。

商品の横幅(1番長いサイズ)が扉の高さより小さく、エレベーターの奥行きが商品一番短いサイズ(奥行・高さ)より大きければ、問題なく搬入できます。

エレベーター内は「人」のスペースも考え、チェックすると良いでしょう。商品の一番長いサイズが扉の高さより大きい場合は、エレベーター内の天井高を調べましょう。商品を斜めにすることで搬入できるケースもあります。

ポイント
1.商品を右の図のように傾けて先端を倒します。
2.先端を斜めに傾け、滑らせるようにエレベーター内に入れます。
一人がエレベーター内に入り、商品の先端を下げ、そのままの状態で保ち、エレベーター外側から一人が商品も押します。その際内側の人は押されると同時に商品を持ち上げましょう。


エレベーターからの搬入方法

▲トップへ戻る

check 3.階段のサイズ及び形状を確認

エレベーターがない場合、乗らない場合も考え、階段のサイズも同時に測っておくと安心です。 階段の幅、踊り場のサイズを確認しましょう。直線階段であれば幅さえあれば無理なく搬入が可能です。

しかし、階段形状が複雑な作り(折り返し階段、らせん階段)や踊り場のスペースが狭い 場合は搬入できないことがあります。
踊り場が狭い折り返し階段やらせん階段場合でも、階段の側面壁が無く下から上への受け渡しが可能な場合は、搬入できます。

ただし下から上へ持ち上げる際は、途中で商品を置くスペースなどがないため、専門業者以外は複数人数で行うことをお勧めします。階段を使って上階に荷物を上げる場合は以下の項目をチェックしましょう。


ポイント
階段の幅、階段の天井高
踊り場の幅、奥行、高さ
階段からの搬入方法階段からの搬入方法
階段からの搬入は必ず二人以上で作業しましょう。

上側、下側に別れ、準備をします。
下側の方は商品が安定するようしっかり持ち上げましょう。上側の人は商品をしっかり引きあげます。上側の人は重量が前方に加わるので商品を離さないよう気をつけましょう。
二人で作業し、できれば他に一名サポートがいると安心です。
搬入方法は右図を参考にして下さい。


ポイント
1.上側になる人が家具の先端を下げ、階段と平行にして運びます。
2.踊り場で一旦家具を立ち上げ、方向を確認します。
3.立てたまま持ち上げ水平に(横へ)移動します。
4.再度、上側の人が家具の先端を下げ、階段と平行にして運びます。
手すりなどが階段の内側に付いている場合は横幅にご注意下さい。
踊り場の天井や床面積が小さい場合、搬入ができない可能性が あります。


階段からの搬入方法

▲トップへ戻る

check 4.玄関前及び玄関扉のサイズを確認しましょう 

商品が玄関前に到着しても安心できません。
マンション・アパートなどは狭い場合があります。その際、玄関扉を通すにあたり空間がないと傾けたり、商品を倒したりすることができず、お部屋の中へ搬入できないケースがあります。玄関前の廊下のサイズ、玄関扉のサイズ(幅・高さ)を測りましょう。

玄関扉のサイズ

ポイントは玄関扉前の廊下です。
お部屋に運ぶ際に梱包された状態で大きい場合は玄関前で梱包を解くことで搬入がしやすくなる場合もあります。商品の1番長いサイズが玄関の扉のさより大きい場合は商品の端を傾け、斜めにした状態で搬入します。チェック2(エレベーター)、チェック3(階段)の搬入方法と同様です。


ポイント
・玄関前の廊下サイズ(扉との距離など含め)
・玄関扉のサイズ(幅・高さ)
玄関扉のサイズ

▲トップへ戻る

check 5.室内廊下、扉を確認しましょう。

玄関扉から設置場所への経路を確認しておく必要があります。
廊下幅、扉(取り外し可・不可)を確認しましょう。

設置場所までの経路が直線であれば基本的に問題ありませんが、直角に曲がる部屋など廊下が狭いと商品が搬入できないケースがあります。
また、室内(廊下)扉は完全に開かず、ドアノブ分狭くなる場合があるので取り外しが可能か、ドアノブを考慮に入れたサイズチェックも必要です。


ポイント
玄関扉から設置場所への経路
廊下サイズ(幅、長さ)
室内扉サイズ(幅、高さ、取り外し可・不可)
扉の開閉向き(外開き、内開き)
ドアノブを考慮に入れた扉、開けた時の横幅
毛布などを床に引き、商品を乗せた状態で毛布をゆっくり引いていくと持つよりも楽に移動ができます。廊下幅が小さく、持ち上げるのが困難なときに行うと良いでしょう。
引きずる際も、床の傷など注意し、一人ではなく二人以上で行いましょう。
玄関扉から設置場所への経路

▲トップへ戻る


ページトップへ